一目均衡表

一目均衡表とは?
相場は買い方と売り方の均衡が破れた方に動くという考え方に基づき、為替が動くのは時間にあると考えられた時系列チャートの一種です。

・5本の補助線
一目均衡表は、ローソク足のほかに、「転換線」「基準線」「遅行線」「先行スパンA」「先行スパンB」から構成されます。この5本の補助線をローソク足チャートの中にすることによって完成します。

・転換線
過去9日間の高値と安値の平均値。売買の短期的な均衡点。

・基準線
過去26日間の高値と安値の平均値。

・遅行線
終値を26日前にさかのぼった線。

・先行スパンA
転換線と基準線の平均値を26日先に記入された線。

・先行スパンB
過去52日間の高値と安値の平均値を26日先に記入された線。
-----------------------
一目均衡表の見方
※一般的な見方で推奨ではありません
・第1シグナル
転換線が基準線を上回れば買い。下回れば売り。

・第2シグナル
基準線が上向けば買い。下向けば売り。

・抵抗帯との関係
株価が抵抗帯より上にあれば下値支持帯、抵抗帯より下にあれば上値支持帯となります。また、抵抗帯はクモともいいます。

・遅行線と日々ローソク足との関係
一般的に遅行線と26日前の日々線を比べ、遅行線が日々線を上回っていれば買い、下回っていれば売りのシグナルとなります。

FXビギナーズTOP

(C)FXビギナーズ