リスク回避のロスカット
ロスカットとは、保有しているポジション、または口座全体の評価損がある一定レベルに達した時に強制的に反対の取引が行われるルールの事です。

FXでは、株とことなりストップ高・ストップ安といった一定額で止まる事がない為、自分が描いていた売買のイメージと反対の流れになってしまった場合、損失がどんどん拡大してしまいます。もし、そういった時に強制的に売買がなされなかったら預けている資産以上に損金を払うことになってしまう可能性があります。
そういった事に、顧客の資産を守るためにもほとんどの証券会社は、ロスカットルールを設定しています。
※ルールは、証券会社毎に異なります。

次のページへ
FXビギナーズTOP

(C)FXビギナーズ