スワップポイント(金利差)

金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する、2通貨間の金利差調整分のことをいいます。
考え方として、外貨預金のように金利が高い外国の通貨を円で購入し、その通貨の金利をもらっていると考えるとわかりやすいです。
----------------------
(例)ドルを買った場合
・ドルが金利5%
・円が金利1%

上記の場合は、年間4%分のスワップポイントがもらえますが、逆に円を買っている場合は、スワップポイントを支払うことになるので、注意が必要です。

次のページへ
FXビギナーズTOP

(C)FXビギナーズ